FC2ブログ
★当ブログはアダルトコンテンツが多く含まれていますので、18歳未満の方はコチラから御退出願います★
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

淫妻RENの夫、SHOです。

 【30//2011】

初めまして、淫妻RENの夫で「SHO」といいます。
このたびは僕の妻、RENを御覧いただき深く感謝致します。

僕は数年前から、妻RENをどうにかして皆様に公開したいと
願ってきましたが、ここにこうしてブログを立ち上げれた事、
大変喜んでおります。
そして重い腰を上げてくれた妻RENに対しても、
理解ある妻として誇りに思います。

さて、一言でいえばアブノーマル(ABN)なこの世界、
どうやったらこんな夫婦になってしまうのか・・?
疑問に思われる方も非常に多いと思います。
そこで、僕は正論かどうかは別として、僕のこの性癖に覚醒した経緯と、
いかにして妻に打ち明け、ここまで来たか・・・?
僕と妻の今までの軌跡を記述していこうと思います。

まずは僕。小学6年の時です。正月。
親が寝静まってから、僕は「エマニエル夫人」を観ました。
学校でHなテレビだぞという話が飛び交い、小学生ながらドキドキして
絶対観るぞ!と思ってた自分がいました。
いい加減ながらもあらすじは大筋で理解可能だった僕は、性描写に興奮し
マスターベーションをしながらも、常に疑問に思ってました・・・。
なぜ、世界中の色んな人とセックスをするのか?
なぜ、大事な奥さんを色んな人に差し出すのか・・?
とにかく不思議だったのですが、そうは思いながらも
僕は興奮して射精していたのです。
この時は、あくまで一過性のものであり、野球少年の僕は
常にこんな事を考えていたわけではありません。
でも、毎年正月が来るのをエマニエルを含めて楽しみしていたのも事実です。
(貧乏だったのでビデオなんてなかったので、リアルでしか見れませんでした・・)

そして、中1.先輩の家で観たエロビデオ・・・。
これがまた洋物で勿論、裏。しかも、5,6人での複数PLAYもの。
アナルセックスもアリアリでした。一緒に観てた同級生たちは皆気持ち悪いと
言ってました。でも、そんな中でも僕は、確実に興奮していたのです。

つまり、この時すでにアブノーマルに覚醒してたんですよね。
自分でも認めますが、性にはかなり目ざとかったと思います。
初めて購入したエロ本というのが中1の時で、「スナイパー」という本。
これはコッテコテのSM本でしたのでやっぱ僕は変ですよね・・?
小学校・中学校・高校と、それなりに恋愛を楽しみましたが、
いつも思ってた事・・・
それは、それぞれの時代の自分の彼女が、男友達にチヤホヤされてるところを見ると、
「誇らしく、微笑ましかった」のです。普通は嫉妬で腹が立つんですよね?
これは、学生時代、そして社会人になってもBBQなどでは酔った勢いで、
彼女が男友達にハグされたりする・・・。
同じコップを使って間接キスしてる・・。僕は最高に興奮してました。
でも、この時点では「自分は何かしら皆とは違う感覚だよなぁ・・」と思ってただけで、
意味そのものを深く考えもしませんでした。

そして、社会人としてそれなりに頑張ってた僕は、
ある日出向業務として大阪に赴任しました。
その時、取引先の社長に
「オモロイとこ、連れてってやるわ~」と言われ、
それが当時のカップルスペース(カップル喫茶の大きな店)でした。
私は社長と共に単独男性として行ったわけですがそこで出会った二組の御夫婦様。
この人達が、何故こういう趣味なのか・・?を説明してくれました。
それを聞いた僕は、体中に電流が走り、
「まさにコレだ!!俺の望んでた形だ!!」と覚醒しました。
今も、その二組の御夫婦とはお付き合いさせていただいてます。
【心底愛してるからこそ・・・。浮気は興味ない・・・。自慢したい・・・。】
まさに、僕が求めていた形だ・・。あのエマニエルの形だ・・。
感動したあの瞬間は今も鮮明に覚えています。

しかし・・・、
付き合う彼女にはそう簡単にこの僕の性癖を打ち明ける事が出来ませんでした。
そして、僕なりに悩みながら付き合う。でもノーマルな付き合いばかり・・。
ちょっと一部分だけでも話すと、馬鹿じゃない!と一蹴される・・。
苦しみ悩む毎日は、かなり長い年月でした。
僕さえ我慢すれば、普通の結婚は出来る。でも、僕の性格上、妥協は出来ない・・。
本当、辛かったことを思い出します。
そんなある日、まさに・・どうしようもない僕に天使が舞い降りました!!
それが、今の 【淫妻 REN】です。
この時、僕がキープしてた女性関係を全て断ち切り、
REN 一筋に愛する事を誓いました。
今思えば、このRENには、僕の性癖を打ち明ける事が出来るという確信があったからです。

ここからは、ノロケ話に聞こえるかもしれませんが、我慢して読んで下さいね!
まず、第一にRENは、恐ろしいほどフェロモンプンプンの女性でした。
女性の特性を生かしたというか・・男性を虜にする術を心得てるというか・・。
相当、男との付き合いや肉体関係は豊富だなと思った僕は、
躊躇わずRENの過去の性遍歴を全て聞き出しました。
なるほど、思った通りです。相当ないわゆる破廉恥なオンナでした・・。
という事は、すなわち僕の求めるHなオンナだったのです。
僕の性癖を語るには、まず第一にHな女性でなくてはなりませんでしたので・・・。

そして、付き合って3カ月の頃、
僕の性癖の全てを、山奥の車中にてカミングアウトしました。
『いきなりでビックリだけど・・。すぐ理解なんては出来ないけど、
理解できるよう努力するね!』と言ってくれました。
生涯忘れられない瞬間でした。
そして僕は、この女性と結婚するんだと確信しました。
僕にとっては、待ちに待った理想の女性だったのです。
この時、話した僕の言葉は、
「百人の女性を観たいんじゃない!RENの百通りを観たいんだ!!」でした。


いよいよ、少しずつですが僕のABNワールドへRENを導いていく事になります。

その第一弾の登場人物が、僕の親友です。
たまたまですが、この僕の親友を妻は以前から知ってました。
そして、RENはその親友のルックスが好きで、結構お気に入りだったのです。
こうなってくると話は早いですよね・・・?

3人で呑み行く約束になるのが自然のパターンです・・。


※長々と書いちゃいましたが、続きはまた書きますね。
 僕のほうへも、興味ありましたらコメントいただけると嬉しいです。
 少しでも、淫らな妻RENを観ていただきたいと願ってるのが僕の本音です。
 どうぞ、これからも皆さんで可愛がってあげて下さいね~。











Category: SHO(夫)の部屋

Comments (7) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

ご夫婦へ

淫乱な奥様とアブノーマルなアバンチュールをお楽しみでなによりです。僕も本屋さんでSMスナイパーを見た記憶があります。

Posted at 07:29:00 2011/01/31 by パパ

Comments

パパさんへ

おはようございます。パパさん、コメ有難うです。
僕自身が妻を、様々なアートとして観ていきたいですよね・・。
REN共々、宜しくお願いします。

Posted at 09:37:18 2011/01/31 by SHO

Comments

はじめまして旦那様。
最近HPを覗きに来るようになった者です。
宜しくお願いします。
アブノーマルの世界にシブシブ付き合ってくれるんじゃなくて、本当に理解しようとしてくれる女性は中々いない気がします。自分の性癖を打ち明けるSHOさんも相当勇気がいったと思います。ちなみは僕は言ったら門前払いにあいましたw

Posted at 14:06:22 2011/02/01 by そうた

Comments

そうたさんへ

そうた様

初めまして。コメント有難うございました。
確かに、妻を説得するにあたって勇気も覚悟も必要でした。
しかし、君しかいないんだという信念を思いっきりぶつけましたね。
でも、その後も順調に進んできたわけではありません。
常にぶつかり合いながら、時には離婚危機までも経験しましたよ。
妻が100%理解してるかどうかはわかりませんが、
僕がどうしようもなく妻を愛してるんだという事は分かってくれたようです。
今、妻は喜んで恋探しをしながら生きてくれてます。
僕みたいな性癖の持ち主の夫にとっては旦那冥利に尽きますね。
今後も、色々な報告をさせていただきます。
そうたさんも、再度、奥様にチャレンジしてみては如何でしょうか??

Posted at 21:27:29 2011/02/01 by SHO

Comments

SHOさん、じゃあ私の性癖も 教えます

 はじめまして SHOさん zebraと申します。

あなたの性癖のめざめのエピソード とってもHで輝いていますよ。
アブノーマルな世界こそ SHOさんの追い求める世界なのですね。

淫妻RENさんとの運命的な出会い・・・さぞ 人生が開けたかとお察しいたします。

 「百人の女性を観たいんじゃない!RENの百通りを観たいんだ!!」あなとのRENさんに対する想いが 真剣さがこもったプロポーズ」の言葉です。

 じゃあ、ぼくの性癖もいいます。ぼくは小さいときから母一人、子一人の母子家庭で 育ちました。

 母親とは子どもにとって 慈愛に満ちた愛情を注ぐ存在ですよね。ぼくの母もそうでした。
 とあるアダルトビデオを見ました。 素人人妻ものです。
自己紹介で AV監督やAV男優とのインタビューのとき
「お子さんは いらっしゃいますか?」の 質問に 出演していた人妻さんのなかには お子さんがいらっしゃってる "お母さん"の女性も
ぼくが人妻系のAVに出演していた女性の大半が お子さんがいました

 これにはええ~っと 衝撃でしたよ~
まじでぇ~ 旦那とお子さんいるのにぃ AV男優と セックスするのぉ~ 

 子どもの母親とは 子ども第一に愛情を与えて育てる 絶対無二の大きな存在なのに、それに 旦那さんに対して悪くないのぉ~とも思いましたし、

 けれど、 AVに出演している人妻さんは 性生活が満足じゃないとか
夫から暴力をうけたことがあるとか 育児のストレスなどさまざまな夫婦エピソードがありました

 さて、注目してほしいのは お子さんのいるお母さん。

 「小学校に通う娘がいます」、「2歳の息子がいます」、「高校に通う娘とふたりで暮らしています」など 母親としては幸せ・・・でも 女のしてのみだらな自分も また真実の姿・・

 ぼくは その 母親の存在=男の肉体(旦那さん意外の肉体)決して求めないと 思っていましたのに 

いい意味で 打ち砕かれました 

 そのことから、子どもがいる お母さんが 旦那さん以外の肉体関係を"結ぶ"とはどんな意味があるのか・・・

 ぼくの母はたぶん 父以外の男性と セックスはしていないでしょう  でも・・・仮に母が男性とセックスしてたて、もし思春期のぼくがその事を知ったなら「けがらわしい」と 母を毛嫌いしたでしょうが、 大人になったら 価値観は 変わりましたよ

 ぼく人妻さんのソープランドで お子さんのいる ソープ嬢を優先指名して 肉体と肉体の真剣勝負をする 充実感・・・とても爽快です。

 そりゃあ、相手してくれたソープ嬢のお子さんと旦那さんには 悪いと思いましたけど  その罪悪感が またそそられるんです。
どういう形であれ "子持ちのお母さん"の肉体を奪い 性の悦楽を
"お母さん"と 楽しんだ。おそらく ぼくのなかの"マザコン"の性分が  女性の好みへと 延長した結果なのです。たぶん一生治らないでしょう。 

SHOさん、こんなぼくは 異常ですか? くだらないですか?
もし、SHOさんと 奥様のRENsさんとの間に お子さんが いらっしゃいましたら RENさんは お母さんですよね。 
 
 その場合 もしよければ RENさんと セックスの真剣勝負を挑みたいですね。 
 

Posted at 20:26:03 2011/05/18 by zebra

Comments

SHO

>zebraさん
初めまして!SHOです。

アツイメール、有難うございます。
とっても嬉しく思いました。
なぜならば、僕と同じ気持ちでいらっしゃるから(#^.^#)

そうです、真剣勝負なんですよね~。
そして、この僕の興奮の基本は「ギャップ」!
普通の母が、メスに変わる時・・その覚醒の瞬間が
僕にはたまりません。

貴殿が、真剣であればこそ、素敵な肉体勝負が出来る希望が
ありますね。是非、実行したいものです。

宜しければ、メールください。

僕は、RENを虜にしてくれるような男性を、常に求めています。


Posted at 12:22:08 2011/05/21 by SHO

Comments

興奮させられました

shoさんレン奥様との馴れ初めを読みました。
友人のMさんの立場も知りましたが
お互い3人の気持ちのやり取りを見て
うらやましくも思ったのです。

理解されるってことは幸せなことです。
最初に勇気奮って告白した賜物でしょう、
それを出来ずにすべて隠れて行動している
自分との違いに脱帽し、

尊敬し、これからも拝見させて頂きたいと
コメント残しておきます。

Posted at 09:00:42 2011/10/19 by よーすけ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks